顧客を増やす方法

検索サイトが提供するビジネスページを活用

検索サイト最大手・Googleは、自社が提供する地図検索サービスのGoogleマップと連動して、店舗や商品の詳細を掲載できる「Googleマイビジネス」というサービスを展開しています。
無料で利用でき、マップ上のピンマークをクリックすると、情報が表示されるため、地図検索をしている消費者に認知してもらうためには非常に有効です。
簡単なホームページを用意でき、多くの情報や写真を掲載可能です。
ユーザーが口コミを投稿することもできます。

また、Googleに追随するYahoo!でも同様のサービス「Yahoo!プレイス」があります。
Googleの一人勝ちのようなイメージがありますが、Yahoo!の利用者も全体の2割近くを占めているということを忘れてはいけません。
検索ユーザーの5人に1人を取りこぼしている計算になります。
Google同様無料ですから、店舗の最小限の情報は掲載しておいて損はありません。

業界ポータルサイトに掲載する

飲食店であれば「ぐるなび」や「食べログ」、宿泊施設ならば「じゃらん」や「楽天トラベル」など、それぞれ、業界内の事業者の情報を掲載し、集客を促しているポータルサイトがあります。
消費者に対して、「〇〇を探すならこのサイト」という風に、認知度が高まっているポータルサイトへの掲載は、ニーズのあるユーザーに対して認知度を高めるチャンスがあふれています。
また、掲載に際して、審査があるサイトも多いので、掲載されていること自体が信用につながるというメリットもあります。
サイトによっては、掲載は無料で、予約が成立したら手数料を徴収するタイプや、年会費、月会費が係るものもありますので、登録する際には、費用対効果を考えながら行うとよいでしょう。